昼間部・夜間部

専門学校に通いたいと思っているものの、経済的に厳しい、あるいはその他の理由などによって時間が厳しいという場合には、夜間部を持っている専門学校を利用するという方法があります。それでは、夜間部と昼間部とでは、どのような違いがあるのでしょうか。昼間部に比べて、夜間部は一日の授業時間が短く設定されています。そのため3年制の専門学校であっても、卒業までには4年間掛かるカリキュラムとなっていることが多い点には注意が必要です。学校によっても違いますが、18時から21時などの時間設定になっていることもあります。

しかし、夜間部であるといっても、理学療法士や作業療法士になるためには必要な科目の履修をしなければなりません。授業内容については時間帯こそ違っているものの大きな違いがあるわけではなく、厳しいスケジュールの中で勉強をしていくことが求められるようになっています。

見学実習・評価実習・臨床実習についても、それぞれ必要となる実習であり、夜間部の場合でも行われます。実習のタイムスケジュールについては学校によって設定の違いがあるため、事前に確認をしておくと良いでしょう。仕事をしながら通うような人も少なくありません。